スパイシーホットワイン

こんばんは。
野菜ソムリエ&フードコーディネーターのTomoです。

新年初の投稿が締め切りギリギリのレシピ。
相変わらずののんびりさんですが
今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて。今回も  GABANのスパイスを使ったレシピ。

この時期にぴったりなホットワインです。

http://<a href=”http://www.recipe-blog.jp/blog/theme/2800″ target=”_blank”>「2016年私のNO.1スパイスレシピ」コーナーにレシピを掲載中!</a>

パウダーをちょいちょいと入れて簡単に作るのも
良いかもしれませんが、夜中にほっこりするために
少し手をかけて作ってみましょう。

寒い日にホッコリ!スパイシーホットワイン

img_5159

<材料>2人分

赤ワイン             400cc
レモン              2スライス
GABAN グリーンペパー<ホール>   4粒
GABAN クローブ<ホール>              4粒
お好みで砂糖           適宜

<作り方>

1 銅鍋に赤ワインを入れ沸騰寸前まで温める。
2 潰したホールのグリーンペパークローブを入れ
沸騰しないように5分煮出す。
3 火を止め、1時間ほどそのまま落ち着かせる。
4 頂く前にレモンを入れ、再度加熱。
沸騰させないように温め、漉しながらカップに注ぐ。
5 お好みで砂糖をどうぞ。

<ポイント>

・アルコール分が飛んでしまうので沸騰させないこと。
・スパイシーな飲み物が苦手な方は潰さないで
ホールのまま風味を楽しむこと。
・シナモンスティックを入れるとさらに大人な感じに。

img_5138

いかがでしたでしょうか?
我が家はいまのところホットワインのおかげかな?
暖房なしでポカポカ過ごせています。

今年の目標は…

このホームページのホーム部分を充実させること。

宿題に追われるようにレシピアップをしないこと。

そしてアトリエココのレッスンを
HPから募集出来るようにすること。

ああ〜出来るだろうか?
頑張ろう♪

…なんて、このホームページを作成してくれている
仲間が一番頑張るのだろうけれどねd( ̄  ̄)

この一つ目の目標・HPの充実を達成したら
皆様に、ビジネスパートナーでもあり
私の苦手とするWEB関係を全て
サポートしてくれている
Sさんを詳し〜くご紹介したいと思います。

きっと皆様もご自分のHPを作って欲しくなるはず❤️

ちなみにSさんの色んな顔の一つはこちらから
すがや三代目店主のブログ
http://www.sugaya-east.com/blog/

GABANのスパイス使用関連レシピはこちらから
甘い?ローストビーフの手毬雑穀栗ご飯
http://www.atelier-coco.net/archives/647

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。