まずはフラワーアレンジメントを大きめに♪

こんにちは。野菜ソムリエ&フードコーディネーターの朋です。

色々と溜まっている仕事と闘い中に
癒される可愛らしいお花が届きました。

早速オアシスに大きめにアレンジ❤️
このあと花瓶に入れたり…と楽しみたいので
最初は長めに茎を残しておきたい。
でもお料理と撮影したい…

そんな時はこちらのように
お料理を高めにしちゃいましょう!

ハロウィンフラワー

img_4595

こちらはあえてフラワーアレンジメントに
少し高さを出して、立食パーティーの時に
ここにデザートが並んでますよーと
わかりやすくしたバージョンです。

お花が届いた当日はパーティーではないので
サンプルとしてデザートを作りましたが
本当の立食の時はかなり華やかになりますよ。

カクテルグラスに盛り付けたことで
お花との一体感、そして
立食パーティーでも頂きやすい。
そのようなイメージでお花をアレンジ致しました。

img_4605

今回は三種類のデザートを作成!

そのうちの一つのレシピを載せますね。

 

img_4604

マロンケーキパフェ

<材料>カクテルグラス4つ分

・スポンジ生地      8cm×8cmくらい
・マロンクリーム     大さじ1
・生クリームホイップしたもの 大さじ3
・クリームチーズ     大さじ3
・牛乳          小さじ1
・栗甘露煮        4粒

<作り方>

1 スポンジ生地を4等分に分け、それぞれ1cm位にカット。
2 生クリームを8分立てにホイップして
マロンクリームを泡をつぶさないように加えて混ぜる。
3  クリームチーズを牛乳で伸ばし、絞り金をつけて絞り袋に入れる。
(今回の口金は丸型)
4 栗甘露煮は一粒を三等分にカットする。
5 カクテルグラスにスポンジ生地とマロンクリーム入り生クリームを
交互に入れていく。
6 高さを出したら、マロンを飾る。周りにクリームチーズを絞る。

<ポイント>
・全部生クリームで作ったほうが簡単なのですが
クリームチーズをちょこっと飾りにいれることで
少しのどっしり感と酸味を感じることで
甘さが控えめなのに食べた感がでます。
・マロンクリームはサバトンを使用しています。

お花について

今回届いたものは
・オレンジカーネーション2本
・オレンジガーベラ2本
・イエロースプレーマム2本
・紅葉したアイビー2本

…仏様のお花???と一瞬ドキッと
しましたがアレンジ一つで
仏様のお花がハロウィンに大変身!

img_4566-1

上と下にアイビーで空間をもたせてると
重ための花(全体に開いている感じ)であっても
軽さを出すことができます。
フォーカルポイントは白緑のかぼちゃですが
下に低く挿したガーベラがさらに
フォーカルポイントの白を引き立てます。

グリーンはスプレーマムの葉のみ。
使えるものは最後まで捨てないで使いましょう。

もちろんかぼちゃの効果でハロウィン仕様に
なったのもありますがね(笑)
この後はかぼちゃなしでのアレンジメントも
作る予定ですのでお楽しみにしてください。

本日の朋さんのつぶやき

いけばな小原流と日本フラワーアレンジメントの教えが
ミックスされたアレンジメント。
和も洋もどちらも学んでおくと
どんなお花がきても大丈夫!
…だと思っている。
要は自分が可愛いと思えばいいわけね❤️

朋より

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。