うまソースで美味しく!定番チーズハンバーグ

こんばんは。野菜ソムリエ&フードコーディネーターの朋です。

この度、ブルドックうまソースのモニターに参加しております。
【レシピブログの「山本ゆりさんのチキン料理」レシピモニター参加中】
http://<a href=”http://www.recipe-blog.jp/sp/mb/r160905a” target=”_blank”>うまソースの料理レシピとレポート</a>

さてさて。続けて2つ目のレシピ

チーズハンバーグです。
定番中の定番をあえて作る私。

なぜかというと一番食べ慣れている料理で
新しい調味料を使うと
味の差がわかりやすい(という根拠なき持論)からです♪

うまソースを使って美味しく!定番のチーズハンバーグ

img_8708

普通のハンバーグでも良かったのですが
娘からのリクエストで強制的にチーズが…(ー ー;)

<材料>4人分

・合挽き肉              400g
・玉ねぎ               200g
・食パン               1枚
・牛乳                大さじ4
・卵                 1/2個
・バター               大さじ1
・ナツメグ              少々
・塩、胡椒              適宜
・サラダ油              適宜
ブルドックうまソーストマトタイプ  大さじ4
・ピザ用チーズ            お好みで

<作り方>

1 みじん切りにした玉ねぎをしんなりするまで炒めて冷ます。
食パンは耳を取り、牛乳に浸して細かくする。

2 氷水をあてたボールにひき肉をいれ粘りが出るまで練ったら
①と溶いた卵を加える。さらによく練り合わせたら、
ナツメグ、塩、胡椒を入れる。

3 手に油をつけて、2のタネを4等分にして丸めて空気抜きをしながら
中央を凹ませて成形する。

4 サラダ油を熱して③を入れ、焼き色がついたら返して弱火にして
蒸し焼きにする。竹串で真ん中に突き刺し、透明な肉汁が出てきたら完成。
食べる前にチーズとブルドックうまソーストマトタイプをかけ蓋をして
チーズが溶けたらお皿に盛り付ける。

<ポイント>

・一般的な作り方を書きましたが、実は完成してから
私は一度ハンバーグを取り出し、アルミホイルで一つずつ包んで
 お肉を休ませています。
(肉汁の対流を落ち着かせて、中に閉じ込めるイメージかな?)

・残った肉汁でケチャップやらソースやら赤ワインやらで
ソースを作らなくてブルドックうまソーストマトタイプさえ
あればあっという間にアツアツの状態でソース待ちをしなくて済みますね。

・このブルドックうまソーストマトタイプがあれば
フライパンを焦がして「うわー!ソースが作れない!!!」という
悲しい気持ちから解放されます。

アレンジして…

皆様もハンバーグの次の日のお弁当は
「ミニハンバーグ」ですよね?

img_4118

小さく丸めて焼くだけ焼いておいて
冷めたら冷蔵庫へ。
次の日は ブルドックうまソース 
絡めてお弁当へ。

昨日はトマト味だったのに???と
驚くお子様のお顔を想像してみてください。
お母様を見る目も変わってくることでしょう。

本日の朋のひとこと

ソースを変えるだけで違った印象に。

うん、実は昨日と同じハンバーグなんだよ〜♪
という言葉は
お子様が帰ってきて、お弁当箱が空になっていたら
ドヤ顔で言ってみましょう!

朋より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。