鶏ときのこのうまトマチーズ焼き

こんばんは!野菜ソムリエ&フードコーディネーターの朋です。

今回ブルドックうまソースのモニターに選ばれました。
【レシピブログの「山本ゆりさんのチキン料理」レシピモニター参加中】
<a href=”http://www.recipe-blog.jp/sp/mb/r160905a” target=”_blank”>うまソースの料理レシピとレポート</a>

一気に3品アップしますね。

まずはその1

鶏ときのこのうまトマチーズ焼き

img_4171

 

こちらは「ブルドックうまソーストマトタイプ」で作った

「ソース大活躍♪晩ごはんにも!お弁当にも! 山本ゆりさんのお役立ちチキン料理」

とほとんど同じレシピで作ったものです。

お役立ちチキン料理レシピ

<材料>2人分

・鶏もも肉           1枚
・塩胡椒            各少々
・舞茸             1パック ←(ここ変更)
・サラダ油           小さじ2
うまソーストマトタイプ    大さじ2
・ピザ用チーズ         20g
・ブロッコリー         4房←(ここも変更)

<作り方>

1.鶏肉は筋を切って一口大に切り、塩こしょうをふる。
舞茸は食べやすい大きさに割く。

2.フライパンにサラダ油を中火で熱して鶏肉を皮目を下にして並べる。
こんがりしたら裏返し、弱めの中火にし、あいてるところにきのこと
ブロッコリー(←ここ変更)を入れ、塩こしょう各少々をふって焼く。

3.火が通ったらスキレット(←ここ変更)に入れ
うまソースをまわしかけてチーズを散らし
オーブン(←ここ変更)で10分、チーズがこんがりするまで焼く。

<ポイント>
・良いサイズのグラタン皿がなくスキレットで代用。
・野菜が欲しかったのでブロッコリーを入れてみました。
・ちょうど舞茸があったので、こちらを使いました。

が!ブルドックうまソーストマトタイプの使い方は同じはず!

<感想>

ブルドックうまソースのお味が
しっかり安定していているので
かけるだけでそのままお店の味に大変身!
あっという間に出来るのに
手の込んだソースを作ったかのように
思えるお料理になることが素晴らしいと思いました。

本日の朋の一言

シェフならともかく一般の主婦が
美味しくて時短で作るには
どれだけ自分のこれぞ!のソースを
持っているかが大事。
このブルドックうまソースは
神ソースです❤️

朋より

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。