ロックヒルズガーデンにて

こんにちは。
野菜ソムリエ&フードコーディネーターの朋です。

先日、川崎のロックヒルズガーデンで
新商品の試食・撮影などなどをさせて頂きました。
(今更の投稿ですみませんです)

ロックヒルズガーデンって?

ROCK HILLS GARDEN←ここから

川崎駅から徒歩数分のビルの屋上に
開放感あふれる空間が!

IMG_3225

中途半端な写真w
詳しくはロックヒルズガーデンの
サイトからみてね。

身一つでおしゃれなキャンプが出来る
いわゆるグランピング。
最近よく聞く言葉だけれどなんだろう?と
思う方のために…

グランピングってなぁに?

海外でも注目されているグランピング。
グランピングはグラマラス(glamorous)と
キャンピング(camping)を掛け合わせた造語。

自分たちでテントを張ることもなく
気軽にキャンプを楽しむ
なんとも贅沢な、しかし
キャンプって難しそうよね?という
初心者さん、忙しさんには
ぴったりんこなシステム。

IMG_3268

こちらではこんなおしゃれなエプロンさんをした
スタッフさんが最初の説明をしてくださいます。
なんともうれしい限り♪
このエプロン欲しいぞw

普通のキャンプの大変さは?

これはね。大変かどうかっていうのは
個人差があるのでなんとも言えないけれど

我が家は「プチガッツリキャンプ」派です。
なんで「プチ」がつくかというと
やはり子供のために、水周りがしっかりした
そこそこしっかりとした施設の
キャンプ場に行くようになったから。

荒々しいところ…?には
若い時と違って強行するのは難しくなってきましたね。
氷点下の中のキャンプはもうしないな(笑)

特に女性は、家にいる時より仕事が増える(気がする)
それはそれで楽しいんだけれどね。

家ではキャンプの準備(ここは割愛)
その時のメンバーによって変わるから。

キャンプ場についてからは

「家を建築」←つまりテントを張る
「屋根だけを作る」←タープを張る
「キッチンを作る」←調理場を設定
「火をおこす」←炭に着火する
「料理の準備」←野菜を洗ったり、調理器具など下準備
・・・・・・・・・・・・・・・
なんとここまでをグランピング施設は準備してくださいます
場所にもよりますが)

楽しい昼ご飯を過ごした後
食器、お鍋を洗う。
食器を乾かす場所ないし。

ちょっとマッタリ出来るかな?と思ったら
すぐに夕食作り(涙)

IMG_3244

とはいえ、夜空をみながら
時を忘れて過ごす時間は
どんなキャンプの形でも
代え難いものです。
・・・・・・・・・・・・・
食事に関しては
昼、夜、朝に同じ工程を繰り返す。
慣れない簡易コンロ?で悪戦苦闘
(ガス無くなったり、炭が湿気ている時もあったり)

それを楽しんでくれる仲間と行ければいいけれど
世の中そんなにwildが好きな方は
そこまで多くないのも現実。

さて帰宅となったら

家の破壊→朝露が乾かないテントを畳むという一番悲しい作業
屋根をとる→同じくびしょびしょタープをしまう。日陰がなくなる。
キッチンを解体する→ベタベタ油を必死に拭いて、次に泣かないように頑張る
・・・・・・・・・・・・・
グランピングではここもお任せして良いのです

IMG_3188 (1)

お肉もお野菜も炭もご用意してくださってます。
本当に身一つ!
どちらも楽しい。大変さも楽しい。
私はどっちも好き❤️

こんな方々にはグランピングがオススメ!

気楽に女子だけ…とか
夕方から子供のお稽古あるのよねーとか
仕事帰りに…とか
テント一式持ってないし…とか
車ないし…とか
初心者さんだし…

…こんなもんでいいかしら(笑)

そんな方にはこちらを是非!

IMG_3408

どこぞのホテルのテラス?

IMG_3405

ジャグジーもあったりする。。。

しかし今回は残念ながら?
私たちは真面目に仕事に取り組む日(笑)

IMG_3380

撮影&試食詳細は後日お披露目!

IMG_3397

今回はグランピングのオススメと
ちょっこり新商品の写真掲載でした!

本日の朋のつぶやき

グランピングを考えついた人
本当にありがとう
ひ弱な女性にはぴったりな場所ですわ❤️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。