赤土貿易様 ソースのアレンジレシピ その3

こんばんは。フードコーディネーターの朋さんです。

先日は大雪が降って大変だった東京。
朋さんはこの日、撮影のお仕事が二つあり
海外旅行でもこんな大荷物にならない!な
スーツケースゴロゴロさせていましたよ。

IMG_1839

スーツケースの中は食器など
割れ物、重いものでいっぱい。
確実に飛行機だと超過料金を
とられますね。

撮影のお話はまた後日。

さてさて赤土貿易様のソースのアレンジレシピが
途中になっておりました。

そして今回ご紹介いたしますのが
このBLUEBERRY BBQ SAUCE
一番美味しい使い方です。

BLUEBERRY BBQ SAUCEの最終型

IMG_1784

やはりね。そのまま使うのが一番なんですよ。
だって有名シェフが考案したソースですもん。
余計な手を加えるよりそのまま使いましょうよ。

では何にどのように使ったら良いのでしょうか?

ちなみに上の写真はケバブにかけています。
マヨネーズと香辛料とBLUEBERRY BBQ SAUCE
ハーモニーを奏でてますよ〜♪

生春巻きにそのまま添えて

IMG_7780

一応、生春巻きのレシピを載せておきますね。

<材料>1本分
・ライスペーパー 1枚
・エビ 1尾
・ビーフン 5g
・フリルレタス 1枚
・ニンジン、きゅうり、パプリカ
3センチずつ
・錦糸卵 1/3個分
BLUEBERRY BBQ SAUCE 適量

<作り方>
1 具材の準備
エビ・ビーフンを茹でる。
エビ→半身にカット
ビーフン→1/3にカット
レタス→フリルを残すように一口サイズに
ニンジン・きゅうり→千切り
パプリカ→彩り用。細長くカット
錦糸卵→卵を薄く焼いて細くカット

2 ライスペーパーを30℃位のお湯で戻す。

3 巻いてカットして盛り付ける

4 別皿にBLUEBERRY BBQ SAUCEを添える。

<ポイント>
・基本のスイートチリソースと共に
提供すると味を変えられるので楽しい。
・生春巻きの中身は冷蔵庫の中の
お掃除感覚で。彩りよく巻ければOK。
・ライスペーパーは多少戻ってなくても大丈夫。

ちなみに我が家ではこんな可愛いグッズを使ってます。

IMG_1848

お友達からベトナムのお土産❤️
こちら、一度に三枚のライスペーパーを
お湯で戻すことが出来るのです。
平らなお皿と違い、他のライスペーパーと
くっつかないのが助かります。
さらに立ててクルクルしながら
柔らかくしていくので、我が家では手巻き寿司の
要領で具材をたくさん用意して
勝手に巻き巻きしちゃいます。

便利グッズ、大好きです!!!

添えのソースのコツ

どのソースにも言えることですが
ベースになる基本的なソース
(生春巻きの場合、スイートチリソース)
だけではなくて飽きたから
こんなのもいかがですか?と
数種類ご用意しておくと
味の変化を楽しめます。
(生春巻きの場合、例として
マヨ+ナンプラー+一味を
混ぜただけのソースとかね)

本日の朋さんのつぶやき

トッピングもソースも何種類か用意しておくと
おかずが一品減るくらいのチカラがある…かなぁ?

   朋さんより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京都新宿区生まれ。私立女子中入学後、叔母の闘病サポートの為、従姉妹家族と一つ屋根の下で9人家族で生活する。青春ど真ん中にも関わらず「生きる」ことの難しさを身を持って感じる。学習院女子短期大学にて国文学を専攻。茶道の奥深さに嵌る。華道、着付と和の伝統文化を学びながら楽し過ぎる学生生活を過ごし、損害保険会社に就職。海上保険部で輸出入担当として英語漬けの毎日を送る。25歳で結婚退社。夫の会社をサポートの傍、育児に日々クタクタになりながらも、お稽古を続け、60歳までの最高位・助教授の資格を頂く。小学校や幼稚園、また区の講座などで教鞭をとる。娘の中学入学を期に長年の夢であったカフェオープンに向けて調理専門学校のカフェオーナークラス・フードコーディネータークラスで学ぶ。野菜ソムリエプロ・和ハーブアドバイザー・冷凍生活アドバイザー・そしてバリスタとして、多くの飲食店、企業様にレシピなどをご提案中。 ****************** ただいまアトリエでは日本サンドイッチ協会公認インストラクターのケーキイッチ そして裏千家茶道講師としてテーブル茶道にて盆略点前をお伝えしております。 またリクエストレッスンでは皆様のご希望に沿ったお料理をお教え致します。 会社経営側としての知識と経験を生かし、他の分野でも皆様のご要望に沿った内容をお伝えしております。 曲がったことは大嫌い、不器用でもまっすぐに進みたい。 心から素直になれる時間を、皆様とご一緒に共有出来ることを大事にしております。 ご興味のある方はメッセージにてご連絡頂ければ幸いです。